Photo nob 雑写帳

nobdai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:陶芸に関して( 8 )


2011年 03月 03日

b0087003_12214955.jpg


       今日、限定の  おとなのための お雛様です。





b0087003_11283458.jpg  
[PR]

by nobyansan | 2011-03-03 00:45 | 陶芸に関して
2008年 01月 01日

謹賀新年

b0087003_074151.jpg

           <自作の船形の器に ちっちゃな 翁の人形を乗せてみました>
    
      
        相変わらず ゆっくりでも
  
           続けていこうかと思ってます・・・

    
[PR]

by nobyansan | 2008-01-01 00:00 | 陶芸に関して
2007年 09月 29日

サークル展

b0087003_18254451.jpg
                     ↑  nobの作品です。
b0087003_9282296.jpg


b0087003_929730.jpg


前々回、お知らせした 「陶幸会 サークル展」は
2日目を迎えて たくさんのお客様が来られて 連日盛況なんです。

きれい!、素適!、上手!素晴らしい、みんな個性がある の言葉をあっちこっちで聞きます。

発案、企画したnobもびっくり!!!
もちろん 生徒会員も うれしく感激しています。


あと、30日 (日曜日)まで 開いていますので、
お近くの方 どうぞお越しください。



b0087003_148238.gifヨロシクリック!(σ→ܫర)σーーーーー→
[PR]

by nobyansan | 2007-09-29 09:31 | 陶芸に関して
2007年 08月 09日

涼風一献

b0087003_2074666.jpg



b0087003_19402286.jpg


   いつもお世話になってる 画廊のオーナーさんは
      80歳をこえた かわいいおばあちゃんです。
         突然だったんですが 久々にお宅を訪ねると、
     
  玄関先に 我が陶芸作品が飾られているのを見つけました。
   旧友に再会したようなうれしさと 
    おばあちゃんのこの花器に似あった 草木のしつらえに感激して、
        早速、お庭で写真を撮らしてもらいました。

    皆さんに 涼しい風をわずかでも お届けできたでしょうか?
   


b0087003_148238.gifヨロシクリック!(σ→ܫర)σーーーーー→            
         
[PR]

by nobyansan | 2007-08-09 19:22 | 陶芸に関して
2007年 01月 01日

謹賀新年

b0087003_22492321.jpg

                 <祈リ> ceramic work of  nobyansan

      昨年はたくさんの方々にコメントいただきありがとうございました。
         本年も ゆくりペースで続けたいと思ってますので
            よろしくお願いします。(*⌒▽⌒*)
[PR]

by nobyansan | 2007-01-01 01:16 | 陶芸に関して
2006年 09月 02日

お狸さん

b0087003_10273779.jpg

     滋賀県 信楽の町に近ずくと陶器のお店が目に付くようになります。
  店の前には お狸さんがいっぱい ひしめくように並んでいて、
 
  老若男女、大きさ、仕草、 いろいろな姿でいます。
  しかし,   たいていは徳利をもって・・・・  
    
    

More  そんでもって
[PR]

by nobyansan | 2006-09-02 00:46 | 陶芸に関して
2006年 07月 08日

紫陽花さらに

b0087003_22214149.jpg


  群生している紫陽花が多いのですが、

 

More それで
[PR]

by nobyansan | 2006-07-08 22:32 | 陶芸に関して
2006年 05月 25日

民家再生


b0087003_1952827.jpg


友人O君の別邸が奈良県の山里にあって、
築120年のその古民家を自分の手づくりで改装している。
いわゆる、befor afterとゆうやつ、
もう かれこっれ五年ぐらいになるが、いまだ終わらない。


かっては牛小屋だった土間を囲炉裏の部屋に替え、
暗い部屋には天窓をつけて、 床を張替え、襖を張り替えて、
その労力たるや並々ではないものがある。
見栄えも本職並とはいわないまでも、立派なものである。
b0087003_2072837.jpg


500坪の土地の草刈をして、畑も少々やっている、
こちらの成果は、これかららしいが
彼はそんな大工仕事をしながら週末を楽しんでいる。


そんな環境のなかに私の作品をおいてみる。
画廊とは違う空気を作品が吸っている、よろこんで生きている。
そんな想いがするのだが、どうだろうか。

b0087003_0332737.jpg

[PR]

by nobyansan | 2006-05-25 20:12 | 陶芸に関して